出会系サイトに勝手に登録された!|悪徳サイトの対処法5つ

どうも、管理人の KENSEI(プロフィール) です。

国民生活センターに多く寄せられる出合い系サイトトラブルにおいて「無料のはずなのに勝手に有料登録されていた!」といものがあります。

「支払延滞がたまっているから30万⁉ 払えないなら裁判・・・⁉」

恐怖を煽りまくって金をむしり取る・・・完全な詐欺ですが、アダルトサイトや出合い系サイトといったプライベートな問題は周囲にも相談できませんし、場合によっては会社にバレるんじゃないかという恐怖につけこまれお金を払ってしまう被害報告も発生しています。

今回はこんな悪徳出合い系サイトの手口である「勝手に会員登録する」される理由や、対策について解説していきます。

なぜ知らないサイトからメールが届く?

まず身に覚えのない出合い系サイトから登録完了メールや、請求がなされる場合に考えられる原因について解説していきましょう。

おそらくアナタを含め、身に覚えのない会社やサイトから営業の電話や、SMSへの融資メールを受けた経験があるかと思います。なぜそのようなことが起こるかというと、アナタの個人情報が売買され、流出しているからです。

恐ろしい話ですが過去に、無料の占いサイト、アダルトサイト、出合い系サイト、懸賞サイトなどの「怪しげなサイト」に登録してしまった場合、メールアドレスや電話番号を抜き取られ販売、流出しています。 これはあくまで「怪しげなサイト」に限る話で、DMM.comのような大手アダルトサイトは当然、情報を保護しています。

もともと「怪しげなサイト」というのは「氏名、電話番号、メールアドレス、生年月日」などを抜き取ることを目的としてるのです。 実は電話番号やメールアドレスなどは個人情報に当たらないので、これらは容易に販売することができます。それが流出し、最終的に悪徳系サイトにも利用されている・・・というのが現実です。

ある ”占い評論サイト” によりますと、国内には約25000件の占いサイトが存在し、そのうちの9割が悪徳、詐欺的な行為を繰り返していると伝えています。こうした占いサイトでは個人情報を抜き取るとこだけを目的としたサイトであると断言しています。

たしかに、占いであれば「姓名判断」などにより、より正確な個人情報を手に入れることができるんですよね・・・。 金運、恋愛運、仕事運、健康運・・・その人が求めている詐欺商材をピンポイントで紹介できるのでかなりヤバいシステムですよね(汗)

僕なんかも過去には「無料の悪徳出合い系サイト」を利用してきましたから、たま~にSMSに「お支払いいただけない場合は裁判で・・・」なんてメッセージがきていたりります。 ただ身に覚えが無いので完全無視ですw

もし、身に覚えのない出合い系サイトからの登録完了メールなどが届いた場合は、絶対にアクセスしないでください。ワンクリック詐欺やスパイウェアなど悪意の攻撃を仕掛けられる可能性があります。

出合い系サイトに勝手に登録される理由

「勝手に出合い系サイトに登録されてしまった・・・」このようなケースでは「クリック詐欺」と呼ばれるものが多いかと思います。

クリック詐欺というのは、なにかしらのボタンを押した瞬間に「登録される」「料金を請求される」といった、自分の意思に反して勝手にサービスを押し付けられる行為です。

これは「クリック詐欺」と呼ばれるように完全な詐欺行為ですから、支払い義務もありませんし無視して結構です。しかし、あなたのIPアドレスを表示させたり、中にはカメラのシャッター音を鳴らしたり(撮影されたとビックリする)とにかく不安をあおるので怖くなって支払ってしまうケースも多いのです。

PC画面に「ドドーン!」と請求画面がUPされ「表示を消すにはこちら電話してください。」なんて電話をかけたりすれば100%カモ決定です。もうがんがん高額請求を仕掛けてきます。

実際のところ、カメラのシャッター音がしても撮影なんてされていませんし、IPアドレスも単純に表示されているだけで、収集も公開もされていません。

つまり情報弱者から金を巻き上げることが目的であり、べつに登録完了メールがとどいても無視して受信拒否してしまえば構いまわないわけです。大切なのは無視すること。あとは受信拒否しておいてください(笑)

出合い系サイトに勝手に登録された場合の対処法

ここからは出合い系サイトに勝手に登録されてしまったときの対処法について解説していきましょう。

先にお伝えしておきたいのですが、いわゆる「優良・出合い系サイト」といわれるクリーンな運営をしている大手出合い系サイトで「勝手にユーザー登録する」ということは100%ありません。安全な出合い系サービスを提供しているサイト側からしたら、会社の信頼を落とす行為だからです。

逆に今回のテーマである「勝手に登録し、利用料を請求していくるサービス」は完全なる「詐欺サイト」です。

完全な詐欺行為ですから、結論からすれば無視して構わない・・・ということなのですが、そこからもう少し踏み込んで、対策を考えていきましょう。

①.むやみにメールアドレスや電話番号を入力しない

現在の悪徳サイトへの入り口は巧妙化していて、「懸賞金サイト」「占いサイト」といった一見関係のないところから出合い系サイトへ誘い込む手口が増えています。

仮に正当な「占いサイト」でも、無料サービスを受ける際にはメールアドレスなどを入力する必要がありますよね、これらはんちにメルマガなどで収益化するために集めているもので、この辺りは身長に選びましょう。

②.安全性をチェックしてみる

サイトの安全性をチェックするサイトもありますので、心配な場合は利用してみましょう。 僕はよく『SecURL(セキュール)』というサービスを利用しています。情報を盗み取る「スパイウェア」や「フィッシング詐欺」、ワンクリック詐欺などが完全無料で検査できますので、念のためブックマーク登録しておくと便利ですよ。

③.メールアドレスは「仕事用、プライベート用、捨てアド」と別ける

一度、悪徳サイトにアドレスが流出すると、ひっきりなしに怪しいメールが送り付けられます。Gmailなんかでもスパム行為として迷惑メールに振り分けられるので問題はありませんが、本来であれば「仕事用、プライベート用、捨てアド」と別けて、得体の知れないサービスでは捨てアドを利用するようにしたいですね。

④.返信しない

返信などで反応してしまうと「ここはイケる!」と一気に攻め立ててきます。詐欺サービスに対しては無視、拒否を徹底してください。こういった悪徳サイトでは同時に3つのサイトに勝手に登録されたりすることもありますから、最悪の場合はアドレスを捨てる必要もあるかもしれません。

④・国民生活センターへ相談する

見知らぬサイトからの登録完了メールや、請求は無視してかませませんが、心配な場合は『国民生活センター』へ相談しましょう。ちなみに悪質な出会系サイトの場合は「出会い系サイト規制法」が順守されていない可能性が高く、国民生活センターから悪質サイト側へ電話をしてくれるようです。手に負えなく感じた場合はすぐに専門機関へ連絡!

最後に

今回は「出合い系に勝手に登録されてしまった!」そんな原因と、対処法について解説してきました。結局、同意のない登録、または請求に支払い義務は存在しません。

このような悪徳ビジネスは「情報弱者」をカモにすることで成り立っており、一度でも支払えば次から次に別案件の支払いを請求してくることで有名です。つまり「喰える人間」を見つけたら骨の髄までしゃぶり尽くしてくるのです。

近年では「出合い系サイト」も玉石混合で、大半のサービスが3年も残っていない、怪しい、危ないサービスばかりです。ぜひ正しい知識の上で出合い系サービスを楽しんでいきましょう。

僕が34歳まで童貞で「本当に会える!」と確信した出合い系サイトも存在しますので、ぜひ騙されたと思ってチェックしてみてください。あなたの人生を変えることを保証致します!