出会い系のプロフィールは53%が嘘⁉

どうも、管理人の KENSEI(プロフィール)です。

いきなりですが、出合い系サイトでは「嘘つき」が多いです。僕の場合は住んでいる場所とか、身長とか、年齢とか、仕事とか嘘つきまくりです。

 

嘘ついて何が悪い?

 

実際のところ、真剣でクリーンな出合いがうたい文句のマッチングアプリでも嘘だらけで、上位20%の男しか「いいね!」してもらえないという現実から、年収を詐称することは一般的になっています。

また「いいね!」をGETするために写真の角度や加工を施している時点で、実際に会うと別人であることも多く、拡大解釈すれば、嘘は出会うための必須のテクニックであるということ。

女性と違って男って「ヤリたい」だけの人間が多いですから、HITすればなんだっていーじゃねーか!といった感じです。本当は美女とヤリたいですけど、ネット同士の出合いだから高望みはできません。まぁそれなりの女の子がGETできればいいじゃないか!というのが僕の出合い系の使い方なので。

ちなみに、出合い系アプリにおいて嘘は「身バレを防止する」という点においても重要です。今回はそんなウソが出合い系で必須であるという情報と共に、嘘がつかれやすいポイントについて詳しくみていきます。

そもそも身バレしないために嘘は重要

嘘が悪いように言われているので「必要性」の部分についても紹介すべきだと思います。それは「嘘は身バレしないために重要」ということ。これは本当に大切です。

例えば、地方の田舎だと、ユーザー数も限られますので、「地域+年齢」でどこどこ高校の出身かも・・・なんてある程度絞られてきますよね。そして喫煙者、身長、職業・・・なんて正確に入力していたら身バレする可能性が高いです。

そもそも僕は童貞を捨てるために出合い系に挑戦したので、身バレしたら人生の終わりぐらいに考えていたので、少しでも自分を特定できる情報からズラすかがテーマでした。実際はそこまで嘘つきまくらなくても、年齢を変えるだけで、まったくの別人のプロフィールになります。仮に同じ高校出身の女性に見られても年齢が違うので、だれもアナタだと認識されません。

出会い系アプリは「エロい」イメージは強いので、おそらくマジメな男性はみなさん身バレを恐れているはずです。最悪の事態を避けるためにも積極的に嘘プロフィールを作り上げるべきです。

出会い系の最大のメリットは年齢が変更できること

ちなみにマッチングアプリは、登録時の年齢から変更することはできません。しかし出合い系アプリではその都度、自由に変更することが可能です。

例えば、20代の若い男を求めている女性であれば、29歳に設定する、逆に30代の男がタイプなのであれば35歳・・・というように有利に出合い演出できるのです。まぁ、40歳の男性が27歳とかは正直バレバレなので、無理のない範囲にしておく必要がありますが、年齢って出会う上ではかなり重要な要素ですから、積極的に利用していきましょう。

実際、実年齢はばれてもそこまで変人に思われないですよ(笑)出合い系アプリ自体が年齢変更できる仕様なので、不思議に思わないんでしょうね。

あなたも嘘をつかれる可能性が高い点は留意すべし!

ここまで「嘘を恥じるな!」という内容でお届けしてきましたが、残念な話もしておきます。それはあなたが嘘をつくということは女性側も嘘をついている・・・ということ。

僕は女性を選ぶ際に「スリム体型」を重視しているのですが、それは「ふつう体系」の場合、肉付きの良い女性が本当に多いからです。まぁ普通体系ではあるんですけど、肉付きの良い女性ってセックスしているときに、腹の肉とかちょっと興ざめするんですよね・・・。(僕はほっそりしたのがタイプなので・・・。)

海外版のHAFPOSTでは「研究機関OpinionMatters」が独身男女1000人を対象に出合い系サイトの嘘について調査した報告を載せています。それによると出合い系アプリ内のプロフィールの約53%が嘘であり、女性の場合はさらに10%上昇するのだとか。

参考:https://www.huffpost.com/entry/online-dating-lies_b_1930053(英文)

男性は職業などについて、女性の場合は若さやバストサイズ、体重など、イメージをよくみせるプロフィールに偽造しやすいとのこと・・・。海外でTinder(ティンダー)と人気を二分する『OkCupid(オーケーキューピット)』の調査でも「スリム」と記載するだけで28倍のメッセージに増えると伝えている通り、出合い系アプリを使う上では女の嘘が一般的になっているのです。

そもそも、マッチングアプリや出合い系アプリのような嘘をつける環境がいやならば、生活環境のなかで出合いを見つけるしかないでしょう(汗)ですから、基本的にネット上の出合いは「遊び」程度の感覚がストレスなく楽しむコツですね。

どんな嘘をつかれるか?

ここからは出合い系アプリないで「どのような嘘がつかれるのか?」について詳しく見ていきましょう。この辺りを頭の片隅に入れておくだけでも、心の対処が楽になります。まぁ実際は会ってみなきゃわからん!てことですw

嘘1.顔写真の嘘

出会い系アプリの場合、一般女性は身バレ防止のために顔写真を載せていないケースが圧倒的に多いです。逆に超美人なモデルのような写真が載っている場合は超怪しい。ちなみに実際に会ってみたら業者のババァで、僕は無言で車を走らせ去っていきました(笑)マチングアプリの場合は顔写真を載せることが当り前になっていますが、実際は加工や、美人にみえるキメ写真なので、結局信用できないですね。

嘘2.年齢

マチングアプリは年齢を変更できないですが、出合い系は自由に変更が可能なので、サバ読みしているケースが多いです。まぁ僕はよっぽどババァのサバ読みでなければOKだと思っています。別に真剣に付き合うわけではないですし。

嘘3.職業

職業も嘘をつくケースは多いですね。男の場合はレジバイトよりも会社員、営業職の方がウケがいいのは当たり前ですよね。僕の場合は工場員ですが、今はこのブログも開始したので広告業としています。(笑)

嘘4.既婚者

既婚者の男性を嫌がる女性は多いですから、セフレを探すなら「独身」にした方がいいです。ちなみに、女性側は堂々と既婚者であることをプロフィールに書いている場合が多いです。しかし不倫は大きな代償もありえるので、書かない女性も・・・。実際に出会った女性が既婚者だったケースもありましたが、怖いので長続きしませんでしたね。

嘘5.居住地

居住地の嘘は、むしろ「積極的にすべき」だと思います。これは身バレしない対策として本当に重要だからです。僕なんかは田舎住みで、若い男女も少ない土地なので、迷わず人口が多い街の在住に設定しています。

嘘6.喫煙

タバコは女性と付き合うなら本当に不利です。実際に僕が初めてラブホテルに誘った女性は「タバコ吸ってたらすぐに帰るつもりだった。」と語っていました。そして僕が非喫煙者を狙うからですが、ほとんどの女性が「タバコが生理的に無理。」と言っていました。こんな女性の前では服についたタバコの匂いでも嫌がられますので誤魔化すのは無理です。プロフィールに「タバコが気にならない」という項目もありますから、そういった女の子にアプローチしましょう。それか本当に喫煙しましょう!

嘘7.身長

女性にとって身長は男性の魅力をはかる大切な要素です。だいたい2cmぐらいであれば余裕でごまかすことが可能ですから、ですから168cmの男性は170cmと書くべきですし、175cmならば178cmといってもバレないでしょう。それだけでメッセージ率はグンと高まります。ちなみにRedwingなんかのブーツなら余裕で5cmとか身長がUPしますので、身長を魅力的に見せる全ての男性におすすめ!

嘘8.年収

男は年収で選ばれるケースも多いですから、少し余裕のある男性を装いましょう。僕は低賃金の工場員ですが、サラリーマン程度で家庭を築けるぐらいの年収に調節しています。マッチングアプリは真剣な出合いを探している女性が多いので、男性側は年齢をごまかすことが一般的なんだとか(笑)出合い系アプリの場合は真剣ではなく、遊ぶ友達探しをしている女性が多いので年収はそこまで重要視されていません。

最後に

今回は、出合い系における「嘘」をテーマに解説してきました。真剣な出合いを求めている男性、女性にとっては信頼を裏切る行為ですが、出合い系で「遊ぶ」という上では自衛の意味もこめて積極的に嘘を利用すべきだと思います。

マッチングアプリで顔出しできる人間は気にならないかもしれないけれど、僕のような小度胸な男は「出合い系を使っている」とか周囲に思われるだけでも、ヒヤヒヤもんです。ですから正直ほぼ全てが偽造プロフィールになっています。

でも、あくまで自分が背伸びしないで語れる素顔から少しズラしたプロフィールというのが味噌ですね。それであれば女性も何も違和感をもちませんから。

出合い系サイトを選ぶメリットは「遊び」です。そして自分をよく見せるために嘘をつくのは正解共通の戦い方でもあります。ぜひ少しでも魅力を高めるために嘘を利用してみましょう(笑)

最後に僕が34歳と一般的にオワコンとされる年齢で童貞を捨てた出合い系のテクニック、また本当に出会えるサイトを紹介しています。セフレが欲しい方はこれだけで、人生を変えて今うはず。ぜひ騙されたと思って楽しんでみて下さい。それではまたお会いしましょう!

地方の田舎でも「セフレが作れる」安心安全な出会い系サイト4選