出合い系サイトに潜む「なりすまし業者」を見抜くコツ7つ

どうも、管理人の KENSEI(プロフィール)です。

今回 紹介していく内容は出合い系サイトにおける「なりすまし行為」の見抜き方についてです。

「なりすまし」とはサクラはもちろん、詐欺、悪徳商法、個人情報の抜き取り・・・と安全に出合い系サイトを利用するためには必ず頭の片隅に入れておきたい必須情報となっています。

出合い系サイトの「なりすまし」とは何か?

出合い系における「なりすまし」とは何なのか? 出合い系には一般女性も多い一方で、「悪徳商法への勧誘」「詐欺を目的」にする女性も紛れ込んでいます。

健全な出合い系サイトではありえませんが、悪徳な出合い系サイトを選んでしまった場合はほぼ100%の確率で「サクラ」に出会わすことになるでしょう。

出合い系サイトが「危険」な8つの理由」でも紹介していますが国民生活センターには毎年約、9000件の被害報告がされており、実はもっと多くの方が泣き寝入りしている状況です。男女の出合い、性欲が交差する空間はお金が集まるので、クリーンで本当に信頼できる出合い系サイト選びが求められるのです。

ここで一度「なりすまし」の種類や目的について解説していきましょう。

①.サクラ

もっとも有名なものは「サクラ」ですね。 サクラの目的はとにかく男性ユーザーに課金させることです。「セックスフレンドを探しています。アナタになって欲しいのですが・・・。」と男性ユーザーを誘惑しますが、なかなか会うことができません。しかしエロいメッセージが続々と届くので騙されているとはなかなか気づけずひたすらお金を使ってしまうのです。

ただ実はこの上記のような被害は、「正しい出合い系サイト」を選べば絶対に発生しないトラブルです。悪徳サイトのバックには半グレ組織が絡んでいますから健全でクリーンな老舗サイトを利用するようにしましょう。

②.詐欺

完全無料の出合い系サイトでは「〇〇様があなたへ秘密のメッセージを送りました!」と、これまたエロい誘惑に満ちたメッセージと共に、「アドレス交換をするにはランクアップ(有料プラン)が必要です。」といった内容が送られてきて60万円を支払ってしまったケースも(汗)

近年では悪徳サイトへの入り口も巧妙化されていて、副業サイト、占いサイト、などへ登録したアドレスを通して悪徳出合い系サイトへ勧誘するケースも増えていますので、出合い系サイト選びは慎重におこないましょう。

③.マルチ商法への勧誘

一般女性かと思って会ったら「マルチ商法の勧誘」だったというケースも多発しています。このケースでは犯罪に巻き込まれる危険もありますから注意したい点です。

例えば「マルチ商法(ネットワークビジネス/MLM)」自体は合法的なビジネスですので、犯罪ではありません。 しかし、マルチ商法に似た「ねずみ講」の場合は完全なる違法行為です。 前者の場合は一般人なので安全ですが、後者の場合は犯罪組織が絡んでいる可能性がありますのでの危険です。

合法か犯罪化に関係なく、純粋な出合いを求めていない時点で、出会うべきではありません。

④.援デリ業者

援デリ業者とは「援助交際をもちかける一般女性を装ったデリヘル嬢」です。実は成人んした男女は援助交際をしても罪に問われません。そのため出合い系サイトにはお小遣いを求めてSEXするOLや大学生、主婦なども多く存在しています。

これらは「割り切り」と呼ばれ、一般女性と気がるにセックスできることから利用者も多い裏ワザ的なものとなっています。これにあやかり、一般女性を装って風俗嬢を送り付けてくるのが援デリ業者です。

一般女性の援助交際は違法ではありませんが、援デリ業者の場合は「管理買春」という犯罪行為です。バックには半グレ組織であることからも分かるように反社会的な行為であることは疑いの余地がありません。

⑤.Line IDや電話番号の回収業者

Line IDや電話番号を回収している業者もいるので注意しましょう。個人のLine IDや電話番号は詐欺業者に販売する目的で回収されています。なかにはプロフィール写真も撮られている場合があるので注意が必要です。

「なりすまし」に引っかかることで発生するトラブル

迷惑メール、迷惑電話が大量に送り付けられる

メールアドレスや電話番号、LINE情報が詐欺グループに渡った場合、毎日のように大量の迷惑メールが届きます。あなたの個人情報は系列グループにも流れていきますのでブロックしても新たな送信先より迷惑メールや電話、SMSメッセージが送り付けられてくるのです。最悪の場合、メールアカウントや電話番号を解約変更しなければならなくなる可能性もあります。

詐欺被害

国民生活センターには毎年9000件近い出合い系サイトの被害報告が届いています。少額の被害の場合は泣き寝りしているユーザーも多いはずなので、実際の被害者数はもっと多いはずです。

悪徳サイトの場合は、サクラをはじめ、ありとあらゆる手であなたの金を奪い取ろうとします。手口はどんどん巧妙化していますので、初めて聞く出合い系サービスや、すぐにセックスできる・・といった甘い文句を多用するようなサイトには注意しましょう。

個人情報の悪用、流出

出合い系には顔写真は必要ない」でも紹介していますが、出合い系サイトやマッチングアプリでUPされた顔写真を収集している業者も存在します。そして俺らは別の人物として詐欺行為に加担しているのです。

僕は出合い系サイトにはぜったに顔出ししませんが、そもそもネット社会で公開された情報は「デジタルタトゥー」として永遠に残り続ける・・・ということを強く認識しましょう。

「なりすまし」を見抜く7つのポイント

ここからは「なりすまし」を見抜くコツについて解説していきます。これらは全てではありませんが、頭の片隅に押さえておいていただき、判断の材料としていただければ幸いです。

①.顔写真がUPされている

これは顔写真がUPされている全てが危険というわけではありませんが、出合い系サイトにおいては一般女性の場合、顔出ししないケースが多いです。モデルのような美人顔をモロ出ししているようなケースでは情弱を狙った業者である可能性が高いので注意しましょう。

僕の場合はボカシをしているケースでさえ、慎重になります。普通に考えて一般女性が身バレの可能性のある顔出しに踏み切るってあんまり考えられないですよね。

②.プロフィールが「キラキラしている/セックスに飢えている」場合

プロフィールがモデルばりに素敵でキラキラしている場合は、「マルチ商法(または悪徳商法)への勧誘」の可能性があります、またセックスに飢えているかのようなエロい書き込みの場合は「援デリ業者」の可能性が高いです。

いずれにせよ、出合い系サイトといえど、一般女性がプロフィールに性欲バリバリでのコメントを残す・・・ということは無いんです。初心者は必ず通る道で当然、僕も期待に胸を膨らませ過去はありますが・・・(汗)胸が躍るようなプロフィールは冷静になって考えることが必要です。

③.条件がなく、誰のメッセージでも受け入れている

一般女性であれば、デブだけは無理、10コも年の離れたオジサンには興味がない、といった好みがあるはずです。なのに誰でもOK!だれでも会います!っていうのは不自然です。この場合は援デリ業者・・・またはキャッシュバッカーの可能性もありますね。

④.すぐにLINE交換をしてくる

いきなり、知りもしない女の子が「Lineで連絡を取り合いましょう~!」と連絡してくる場合は無視してください。そもそも一般女性が知りもしない男とlineをするわけがありません。この場合はLine IDの回収が目的の可能性が高いです。

⑤.なかなかLine交換ができない

先ほどと逆になりますが、仲良くなってきてもLINE交換ができず、ポイントをダラダラ使わせているようなケースではサクラの可能性が高いです。実際に、一般女性の場合は気を使って「お金使わせちゃってごめんね!LINEにしようか?」など気をつかってくれるものです。

⑥.別サイトへ誘導してくる

「こっちのサイトで連絡を取り合いたい!」といった誘導をしてくる女性は完全に黒。この場合は高額請求されるような悪徳サイトへ勧誘されるケースがほとんどです。

⑦.すぐに会おうとしてくる

すぐに会おうとしてくるケースも業者の可能性大。そもそも一般女性が警戒心もなく「すぐに会おうとする」ことは考えられませんよね。すぐに会おうとするケースは2つあります。

一つ目が「マルチ商法(または悪徳商法)への勧誘」、二つ目が「援デリ業者(買春)」です。それぞれ目的は違いますが、ともにビジネスなので見込み客をみつけてはガンガンアタックしてくる特徴があります。

「なりすまし」に遭遇しない方法

ここからは「なりすまし被害」に合わないで出合い系サイトを楽しむ方法について解説していきましょう。

ここまで読んで読んでいただいた方はお分かりかと思いますが、サクラや詐欺被害の温床になっているのは「悪徳サイト」です。逆に健全でクリーンな運営を続けている人気老舗サービスであればこのようなトラブルはほとんどありません。

その理由は24時間常に監視が行き届いているので、不正な掲示板書き込み、業者と思われる人物、Line交換をしようとする業者、このような怪しい書き込みをすべて排除しているからです。

90%の企業が10年も生き残れないという中で、20年近く堅実にサービスを継続しているというのはユーザーからの信頼がなくては実現できません。 逆にAppleStoreなど登場した新しいアプリがどこまで安全で、信頼できるのか・・・というのは未知数です。1年後には消えているケースも多いでしょう。

悪徳サイトに引っかからいコツは簡単で、本当に安心できるサービスには歴史(支持され続けてきた)があるということ。以下には僕が出合い系サイトを使いまくってきたなかで本当に安心できるサービスを紹介していますのでぜひチェックしてみてくだい。出合いへの価値観が180°グルッと変わることでしょう。

まとめ

僕自身が「本当に出会えるサイト」の存在をしるまではずっと「無料の出会い系サイト」を利用していました。10代~20代前半のころはずっと利用していましたね。

そのなかで感じたことですが、全てが悪徳ということではなく、中には一切無料でサクラも存在しないようなサービスも存在していました。 今となっては確認もとれませんが、片隅に表示される広告によって収益を発生させていたのだと思います。

実際に、そのような無料サイトでは一般女性とのメールのやりとりができたこともあり、40代女性とセックスできる寸前まで連絡と取りあったことがあります。童貞をウリにしてセックスを募集したのですが、22歳の僕にとって40歳の女性は年上過ぎて・・・結局やめたわけですね(汗)

このような良いサイトは過去に2回経験していますが、その他はほぼ全て詐欺系の悪徳サイトでした。今回紹介してきたような「優良ランクアップ機能」も当然ですし、メールのほとんどがエロメールで性欲をビンビンに誘ってくるのです。

出合い系サイトが初めての方は誰もが通る道ではありますが、「本当に会える出合い系サイト」というのは限られているわけです。つまり得体の知れない出合い系サイトはほぼ悪徳系だと疑うべき存在であるということ。

最後に▼に僕が探し求めてきた「本当に会える出合い系サイト」を紹介しておきますね。ぜひ出合いの近道としてご利用くださいませ。童貞卒業、セフレ、本当に人生は変えられます!