童貞は仕事ができない理由

よく「童貞は仕事ができない」という話をよく聞きます。

「何を根拠に・・・。」とイラッときます。俺の方が苦しみながら悩みながら生きてきてるわ!と・・・。

でもこの記事を見ているあなたはもしかしたら仕事ができない(収入が低い)童貞さんなのかもしれません。当然、書いている僕は底辺組です(涙)

そう断じる理由は、童貞には所得の高い「エリート層」と、中間階級以下の凡人の2種類に分かれていて、童貞に悩んで生きている人ひとはあきらかにエリート層ではないからです。

実はレベルの高い大学を卒業したエリートほど童貞に悩んでいません。嘘だと思いますが、豊富な哲学や知識を学ぶ中で童貞という「個性」を肯定するようになるのだそうです。

ちょっと凡人には理解できないですが、童貞という言葉に激しくコンプレックスを抱いたり、悪と決めつけて1人で苦しめているのは自分自身の狭い認識ということです。狭い認識のなかで物事をみているからに死にたくなるほどつらい。

一方、エリート層は豊富な知識のなかで大局的に物事をみているので童貞は現在の個性でしかないというメタ視点(高い次元から見ている)が働いているのではないでしょうか。

なんだか、小難しい話になってきてしまいましたが、今回は「童貞が仕事ができない理由」について解説してくものです。僕なりに

童貞に苦しむのは「一般人」だから

冒頭でエリートは「童貞に悩んでいない」と解説しましたが、なぜなのか詳しく見ていきましょう。童貞との向き合い方について一つの新しい認識が増えると思います。

とある記事で官能小説家「大泉りか」さんによる童貞の意識を知ることができました。それは高学歴で仕事ができる童貞というのは童貞を肯定する考え方が浸透していて、むしろ「童貞の何がわるい?」「童貞を馬鹿にするのは差別」といった考えが主流なのだといいます。

つまり高学歴のエリートチェリーは「そもそも童貞に苦しんでいない」というのです。

これは高学歴ほどリベラル思想が強い・・・ということが関係しているのかもしれません。リベラルというのは簡単に言うと「自由主義」であり聞こえは良いけど・・・悪くいえば左翼ともいえるでしょうか・・・。「立憲民主党」や「日本共産党」の主張に準ずるとなるとヤバイ思想ですが。

しかし左翼的な考えはあるいみ知識が豊富なエリート層だからこそ肯定できる部分であり、童貞に苦しむ僕らはそれだけ一般ピーポーってことですね。

2020年に大きなニュースとなった「トランプ(共和党)VSバイデン(民主党)」の大統領選でも、ハーバードやスタンフォードの学生、ウォール街(金融エリート)など高学歴な人たちはのきなみリベラル思想でバイデンを熱烈に支持した光景を覚えているかたも多いのではないでしょうか。

ニュートンやダビンチなど、世界に影響を与えてきた偉人にも童貞が多く、こういった歴史からもエリート層にとっては童貞を肯定する理由となりそうです。

一方、一般パンピーの僕たちの生きる世界においては童貞は馬鹿にされる対象です。その中で童貞の劣等感や苦しみを肥大ささえている状態・・・そのなかで苦しむ僕らですから「仕事ができない組」と言われても仕方がないわけです。

なんとなくお分かり頂けたでしょうか・・・(汗)

童貞は仕事ができないのか?

実際のところ童貞でも高収入で仕事ができる人も多いです。例えば学生時代から一心不乱に学業にはげみ、良い大学を出て良い企業に就職するケースも多い。

一方で童貞が理由で僕のように「陰キャ」になったり、オドオドしてみたり・・・これは明らかにセックスできない人種のダメな特徴であり、社会人なら仕事ができないやつと思われても仕方がない面もあります。

ここでは、どういった面が「仕事ができない奴」とレッテルを張られてしまうのか見ていきましょう。

「コミニュケーションが苦手」だから

全ての童貞ではありませんが、コミニュケーションが苦手なために女性と親密になれない男性も多いです。目を見て話せなかったり、緊張して言葉がおぼつかなかったり、それによってミスしてしまったり・・・。対人関係が明らかに苦手そうな男性はしゅういからも童貞なのかな・・・なんて勘ぐられているかもしれません。

「行動力が無い」から

彼女が欲しいのに童貞で悩んでいる状態では「行動力がない」と言われても仕方がないと思います。そこにはキズつきたくない、安全な場所にいたい、といった保守的な考えがあるのかもしれません。しかし仕事にはリスクがつきものです。積極的に行動できない社会人って他人から見てもイライラしますよね。

「恋愛トークができない」から

世間的には「恋愛トーク」ができない成人男性は稀です。僕の場合でいうと、恋愛トークや下ネタ話に付き合えなかったので学生の時から深い交友関係を避ける傾向にありありました。自分の中で「童貞」という強いコンプレックスがあるので、浅いトークしかできなかったのです。僕の場合は会話を避けるように工場勤務を選び、収入面も低い・・・トホホですよホントに(涙)

「自堕落な生活をしている」から

女っ気のない生活から、遅くまで酒を飲みダラダラとした生活習慣が身についている方もいるでしょう。まさに僕は毎日酒を飲み、深夜までダラダラ過ごしているので早起きできませんでした。疲労感も取り切れず仕事の効率も上がりません。ミスも増えますし、できない男そのもの生活でした。

「ダサい」から

魅せることを意識する習慣が無いので「ダサい」人もおいでしょう。僕なんかもお洒落は苦手でした。しかし「ダサい = センスがない」ということで、センスが問われる企画によっては上司や仲間に信頼されることは難しいのではないでしょうか。

「協調性がない」から

これまた僕話になりますが、童貞をこじらせた結果、僕は強がって仲間との飲みの席を避けるようになりました。とにかく恋愛ネタや下ネタトークになるのを恐れていたからですね。そのため、「僕は他とちょっと違う」みたいな誤ったイメージで生きることを意識し始めました。悪く言えば「協調性がない」最悪の状態ですね・・・(汗)孤高の人みたいなつもりでしたが、社会人としては仲間に信頼されない最悪の状態かもです。

「自信がない」から

自信の無さから女性と親密になれない男性は、オドオドとした印象で自信の無さが見て取れる人もいます。オドオドしているから仕事を疎かに死しているわけではありませんが、仕事をしっかりこなしてくれるのか不安になります。お笑い芸人の「おぎやはぎ」の矢作さんは英語が全くしゃべれないのに旅行会社の海外事業部に「英語がぺらぺら」というはったりで入社しています。もう天性というべきが・・・自身に満ち溢れていたのでしょうね(汗)

「頼りがいがない」から

「頼りがいがない」というのはリーダーシップが取れないという意味です。童貞に苦しんでいる男性の場合、女性をデートに誘う、決めるときにキメる・・・といった心のやり取りなどを学んでいませんし、恋愛という大きな成功体験がないためコンプレックスを抱えています。また恋愛トークができない社会人は会話が薄っぺらくなる傾向があり、リーダーという立場においては厳しいものがあるでしょう。僕自身、恋愛体験は人生の経験値を大きく伸ばすものなのだな・・・と苦々しい思いで生きてきました。

「度胸がない」から

これはリーダーシップの無さでもありますが、セックスする・・・というある意味で新たな世界に飛び込めなかった状態が童貞です。それは失敗を考えすぎたり、神経質だからです。まさに僕がそうでしたが、大切なのは「楽に生きること」。性欲をむき出しにして、失敗してもいいからセックスに誘うぐらいの大胆な生き方も重要です。

「清潔感がない」から

女性に気に入られようと思えば100%清潔感のある身だしなみを意識します。草食系男子とよばれるようなイケメンで清潔感のある童貞男性も多いです。こういった男性は誠実そうですし仕事面で不都合は少ないでしょう。一方で特に予定もないからと、ヨレたシャツに無精ひげ、ボサボサの髪の毛・・・こんなのは男性は会社で不評です。女性ウケも最悪ですし、仕事ができるようには見えませんね・・・。

「変人が多い」から

以前、知恵袋で「長身で、高収入、イケメンなのになぜか30歳童貞のAさんが好き」との相談をしている女の子がいました。彼女は彼が気になっていましたが、部屋に行ってビックリ・・・。整理整頓の行き届いた小綺麗な部屋の棚にはグロテスクな殺人ゲームばかりが並んでいた・・・というのです。イケメンな彼が童貞な理由を垣間見て怖くなったけど、やっぱりこの男性はやめるべきか・・・とい相談でした。もしかしたらあなたも周囲から変人と思われているかも・・・???

童貞をバネに変えて仕事で見返すには?

ここまで「童貞が仕事ができない理由」について解説してきました。そしてここからは童貞をバネに人生を好転させていく方法について一緒に考えていきたいと思います。

せっかく人には言えないコンプレックスのなかで苦しんできた僕たちですから、この苦しみを逆に反骨のバネに変えて、周囲の人間が羨むような生き方をゴールにして一緒に頑張っていきましょう。

本を読む

孤独で苦しんでいるならば、アナタの心に寄り添うような本を読んでみてはいかがでしょうか?僕自身、34歳まで童貞が生み出す闇の世界を生きつずけ、仲間から飲みにも誘われないような悔しい思いのなかを生きてきました。

そんな中で、勇気をくれたのが沢山の書籍でした。重い障害の中で元気生きる人、スピリチュアル、啓発書など。それで僕の人生が好転したか、というとそうではありませんが、人生を生きる希望を灯し続けてくれた背景には読書で感銘を受けた言葉だったのかな・・・なんて思います。

圧倒的に勉強する、努力する

童貞・・・僕中ではまだ全てを肯定することはできておらず、まだ後悔のなかで生きています。もっと早くセックスを体験できていたら収入面でも恵まれた生き方をしていたんじゃないかって(涙)

でも逆に童貞のネガティブなエネルギーを誰かに負けないエネルギーに変えることもできると思うのです。以前、知り合った友人のお父さんはかなりの成功者のようですが、酒に酔って過去のことを話だすといつも泣き出すのだそうです。理由はわかりません。

もしあなたも童貞を本気で悩んでいいるのなら、「これだけ悩んでいるんだから他のやつに負けないスキルを身につけてやる」と気持ちを転換すべきです。語学や資格なんかはどうでしょう?童貞で苦しむ過程はその為に用意されていたのかもしれません。

童貞を卒業する

童貞が原因で悩んでいるなら一刻も早く「童貞を捨てる」のが人生を好転させる近道だと思います。僕は34歳まで童貞でしたが、今思えばなんでそんなにセックスできなかったんだろうと疑問さえ浮かんでくるほどです。

実際問題「セックスする」という行為自体は24時間いない誰でもできるわけです。

例えば風俗ならば今スグにSEXできるわけですからね・・・。行動力さえあれば解決する問題ですよね。

一方で風俗のような慣れない環境に行くことに「勇気が出ない」という男性多いです。そりゃそーですよね。僕だって1人で進んでいく気はしないっすよ(汗)

そんな童貞の同志の方々にお勧めできるのが出合い系の「割り切り」を利用する方法です。お小遣いが欲しいOLや主婦とホテルで待ち合わせてセックスするのです。

買春は犯罪なのでは・・・と心配する男性も多いですが18歳以上の男女であれば自由恋愛ですから、違法性はなく、罪にも問われません。

これであれば24時間以内にセックスし、童貞という呪いから誰でもすぐに抜け出すことができるのです。僕自身、最初は割り切りから女性慣れしていきましたから。

騙されたと思ってぜひ「24時間以内にセックスできる禁断の「マル秘出合い系サイト」テクニック」をCHECKしてみてください。アナタの人生を変えるような発見があるはずです。

「童貞は仕事ができない理由」のまとめ

今回は「童貞が仕事ができない理由」について解説してきました。

結構有名な話ですがヤリチンの中には成功者になる人も多いそうです。あるいみ闘争ホルモン(テストステロン)も多いでしょうし、女性へのアプローチや攻めの姿勢は明らかにビジネスに生かせるものなのだと思います。自信も身に着けているでしょう。

僕は底辺ながらビジネス書を読んでいて、自分が積極的に生きられない理由を考えていました。そこには恋愛トークを語れない薄っぺらな人生があった。

悔しいけれど、これが僕の人生。それでも遅咲きながら、人並みにセックスしてこうして、ブログを書き始めた。誰かに伝えたれることがあるんじゃないかと。

もし童貞に苦しんでいるなら、セックスが最も早いことは間違いありません。多くの童貞の方が場所を探してもがいているけど、出合い系サイトはその中でも最もセックスできる神ツールです。

最後に僕が利用している「本当に会える出合い系サイト4選」を紹介しておきます。騙されたと思ってCHECKしてみてください。アナタの人生を変えるサイトだと確信しています。