童貞が筋トレすべき6つの理由|34歳童貞が劣等感を克服できたワケ

30代で童貞だった僕。劣等感にまみれ、地元でも知人、友人を避けるように生きていた僕。

 

「自分を変えたい。人生を変えたい・・・。」

 

そんな思いを心の奥底に抱えながらも毎晩、酒を飲み夜食を食べるという底辺な生活。

周りは家庭を気づいて幸せそうな人生を送っている中で、僕だけが濃い霧の中を歩いている感覚。生きている楽しみを感じない人生。

そんな思いのなかフラフラと訪れた書店で山積みになっていた「筋トレが最強のソリューションである」というゴルゴ31のような著者がトレードマークの書籍。

ふと気になりパラパラとめくってみると、まさに僕の求めてた答えがそこにあった。

仕事もプライベートも八方ふさがり。死にてえと思ったら3カ月だけ筋トレしてみてくれ。テストステロンという支配欲を司るホルモンが分泌されてネガティブな気持ちを打ち消してくれる。それに加えて筋肉がつき良い身体になれば気分は最高だ。見た目が良くなれば気分も良くなる。非常に単純な事だ。

引用:筋トレが最高のソリューションである

僕はこの言葉を胸に筋トレをスタートします。

最後には失敗談も

 

童貞に筋トレが有効と考えられている6つの理由

童貞に筋トレが必須と考える理由について解説していきますね。

男性ホルモン「テストステロン」の分泌

まず第一には既に触れていますが支配欲をつかさどる「テストステロン」が分泌される点があります。

テストステロンは別名「男性ホルモン」と呼ばれる通り、男性的な筋肉の肥大、性欲の強化といった効果があることが証明されています。

つまり「男としての魅力を高める」ホルモンということですね。

動物園のサルの群れを調査したところ、ボス猿は他のオスに比べテストステロン値が高いことが分かっており、逆にボスの座を転落すると同時にテストステロン値が下がってしまうのだとか。

社会的にも成功している男性はテストステロン値が高いことが知られていていますが、僕たちだって自己的にテストステロンを高めることはできるわけです。やって損することはありませんね。

MEMO
実は僕は20代の後半からは「一日一食」にハマっており、思いっきり痩せた状態で女性とエッチにいったのですが・・・性欲が減退しすぎていたのか・・・萎えてしまって全然できませんでした。。

やはり生物的には筋肉という生命力の高さが重要と考えさせられた一軒でした。

若返り物質「成長ホルモン」の分泌

筋トレすると信じられないように「若く見られる」ようになります。

これには筋トレにより第一印象として「締まってスッキリする」という点もありますが、トレーニングで傷ついた筋繊維を修復するために「成長ホルモン(別名:若返りホルモン)」が多く分泌されることが指摘されています。

成長ホルモンは思春期を100%とすると、30代では50%までに低下してしまいます。若い時はいくら食べても太らないのは成長ホルモンによる基礎代謝が高いためだといわれています。

この成長ホルモンを意図的に増やすのが「筋トレ」ということです。30代は老化現象が顕著に出だす年齢です。ぜひ若返りを意識して筋トレしていきたいですね!

身体が締まってカッコよくなる

筋トレによるカラダの締まりは「童貞臭」を消すのに役立ちます。

27歳ぐらいのころ、僕は毎晩のように酒を飲み、締めのカップラーメンを欠かさない・・・という今考えるとどう見ても底辺丸出しの毎日を生きていました。

当然のように全身に贅肉が付き、20代なのにオジサンのようなルックスでした。実際に友人の結婚式の2次会に地元の女の子がいて、「おっさんじゃん!」なんて言われましたから(汗)

当時は気にしていなかったけど、オッサンのような見た目というのは「だらしない生き方」を象徴しているのかもしれません。確かに彼女がいたりする男は締まっていてカッコイイ男が多い。

逆説的ではあるけど、締まってカッコイイ男というのはいつ彼女がいてもおかしくはないといえるんじゃないでしょうか。

僕が本格的に出合い系サイトで知り合っていきなり毎回食事してセックスするような関係になったのも、女の子に気に入ってもらえた部分が大きく、その理由には間違いなく筋トレが関係していたと思います。

ずっと「セックスしてなくてさ~」ってごまかしたときも「絶対ウソ!」って言われました。これは見た目的にも童貞臭さを感じなかったということでしょう。

自分に自信がつく

自分に「自信がつく= モテる」のはある意味で当然と言いますか、

結局のところオドオドしてしまったらり積極的になれないのって自分に自信が無いからなんですよね。僕の場合でいえば、負け犬臭のする自分を隠したくて実家に籠っていた・・・というように。

逆に顎はスッキリとして、シルエットの良い綺麗な洋服を着るようにする、といった素敵人物像に近づいた自分を鏡でみるだけでも「人に会ってみたい」と思わせる特別な感覚になります。

僕の場合では、女の子に会いに行くときに近所のおばちゃんに出くわしまして「あら!芸能人みたいじゃん!」なんて言われましたから(笑)田舎のおばちゃんなので深い意味は追求しないでくださいw

また地元の友人にも「痩せてケッケーじゃん!」という誉め言葉も(涙)

これはある意味では女性に会っても気に入られる可能性が高まった・・・ということですよね。自分の人生に変化をもたらす最も効果的な方法は筋トレ・・・間違いないです!

童貞に必要な体系は「痩せマッチョ」筋トレしたらよいのか?

先にマッスルな社長さんの書籍を紹介したのでボディビルダーのようなゴリゴリマッチョを想像した方もいたかもしれませんが、自信を持つために必要なことは「痩せマッチョ」ということになります。

つまり自宅で腹筋や筋トレをするだけでOKということです。

僕が魅力的に見せるために意識して鍛えるポイントは「お腹(腹筋)」「胸板(腕立て)」「太もも(スクワット)」の3つです。この辺りをさらに深く掘っていきましょう。

太ももを鍛えよう

30代になり親父体型になってしまった僕ですが、幼少期より「足が細い」というコンプレックスがありました。足がガリガリなのって性的に弱いような気がしているんですよね。

最近ではAV男優のシミケンさんなんかも「勃起力または維持力にスクワットが重要」ということを紹介していますが、とにかく「ウンコ座り」なイメージでスクワットをこなします。

見た目的にも性的にもスクワットが重要です。

ランニングよりも筋トレが重要

動いて痩せる・・・と考えると「ランニング」が頭に浮かぶ方が多いと思いますが、重要なのは筋トレだということを覚えておいてください。

といいますのも、ランニングは心肺機能が高まりますが、筋トレのように魅力的な痩せマッチョ体系にはなりません。走っても筋肉は増えないのです。

筋肉を肥大させるには不可を与えて筋繊維を破壊する必要があります。その不可に耐えられるように筋肉は大きくなろうとする・・・これを繰り返すのです。

さらに筋肉量が増えると基礎代謝が増えて自然に痩せやすい体質に変化します。よくカッコイイ筋肉男子がモリモリご飯を食べていますが、食べても太らない素敵なカラダに生まれ変われるわけです。

少しずづ身体を変化させていきましょう!

食事はどうしたらいい?

僕は乱れた食生活を送ってオッサンのような体系へと退化していったわけですが、今は基本的にタンパク質中心の生活です。

断食や小食は短期的で致命的

親父体型から脱出するために一番最初に行った食事スタイルが「一日一食」というものでした。今では熱も収まった小食法ですが昔から小食は病気知らずで若返ると言われてきた食事法です。

この方法にハマって急激に痩せて、見た目的には自身をつけた僕ですが、鏡の前に映る自分は異様に細く華奢で男性的な魅力はおろか生命力を感じたいことに違和感を感じていました。

結果として出会系で「割り切り」を行ったところ、21歳ぐらいの可愛らしい女の子が相手だというのに、勃起力が維持しません。萎えてしまってセックスできないのです。

これには僕も本当に落ち込みましたが、精神的なトラウマに加えて、生命力(勃起力)があきらかに減退していたことが理由だと今では思っています。

感覚とは正しいもので「ガリガリ」よりも「筋肉質」な方が性的にも魅力的だし、実際に生命力も高いということを実感しました。

糖質中心からタンパク質中心へシフトする

小食は何かが違う・・・そう考え、それまで糖質中心(米、麺類)の食事からタンパク質中心(肉、卵、魚、大豆)の食事へとシフトしました。

まず大切な考えとして脂肪は糖質(米、小麦製品)で増えるという真実です。逆に肉や魚、チーズなどはいくら食べても太りません。

このブログは食事療法を解説するものではありませんから、詳しくはそれぞれが好みの食事法に落ちつけてほしいですが、基本的には米を少なくして肉や卵を多めにとる食事にシフトしました。納豆も毎日食べています。

プロテインを飲むことも有効ですが目指すは「痩せマッチョ」ですから僕的にはタンパク質中心の食事をしっかりとこなすだけで最初は十分かと。納豆ご飯に卵を追加するなど、卵は沢山利用しましょう。

「童貞が筋トレすべき理由」についてのまとめ

毎日、退屈で気分的にも苦しい・・・そんなときはぜひ筋トレを生活の中に組み込んでみてください。

僕の「プロフィール」でもこれまで劣等感に落ち込みながらも人生に希望をもって必死に生きてき過去を紹介していますが、そのなかで筋トレはとても重要な手助けになったと実感しています。

童貞の同志の方々のように、毎日頑張っているのに、現状を打破できない。こんなつらい状況でも筋トレは科学的な要素により外見的にも、内面的にも変化を発揮してくれるはずです。

これまでの方法で何も変えられなかった・・・。そんなときに重要なのは新しい変化を生活に入れることです。その第一選択は絶対に筋トレです。

いまは童貞であることを焦らずに、筋トレに励む・・・それだけで現実は変わっていくと確信しています。

これからも為になる情報を発信していきますからぜひ、ブックマーク登録してたまにチェックしてみてくださいね!最後まで読んでいただき本当にありがとうございます。それではまた次回お会いしましょう!