出会い系の『割り切り募集』はガチ逮捕されるので100%禁止!

どうも、KENSEI(プロフィール)です。

他の出合い系攻略サイトなんかを見ていると、安易に「割り切り募集の方法」なんて解説しているものがあります。実はこれ、ガチで逮捕される危険性があるので絶対にマネしてはいけません。

出合い系アプリは、見知らぬ男女が出合い、またセックスを前提とした付き合いも楽しめる神ツール。しかし一歩ルールを間違えると法律的にも本当に危険です。こんなことでニュースにでも出たら一生の恥ですからね(汗)

実は18歳以上の「割り切り(援助)」には罰則規定がないので、女の子に申し込んで楽しむことは問題ありません。しかし自ら掲示板に募集の書き込みをすることは完全な犯罪行為。知らなかったでは済まず、最悪逮捕される可能性もあるのです。

今回は「割り切り」に興味がある全ての男性が読んでおくべき内容となっています。出合い系サイトは法律を守って、楽しみましょう♪

そもそも「割り切り」とは?

「割り切り」の募集が危険とは言いましたが、そもそも ”割り切り” には2つの意味がありますのでそれぞれを解説

1.セフレ

まずは「お金」のかからない割り切り関係です。

一般的に使われるのが「セックスフレンド」を意味し、恋人がいる、または既婚者がお互いのプライベートを邪魔しない形で肉体関係を持つ「割り切った関係」とです。または1夜限りの関係なども割り切った関係ですね。

2.援助交際(買春)

そして今回、注意していただきたいのは「お金」が絡む割り切り関係です。

出会い系で「割り切り」と表現する場合の99.9%「援助交際(買春)」を意味します。以前は「円(えん)」など、あらゆる隠語を使って援助交際のやり取りが行われていましたが、次第に援助交際を匂わすワードがブロックされるようになり、そのシステムをすり抜ける言葉として「割り切り」が手着していきました。

そもそも「割り切り(買春)」は犯罪なのか?

多くの方が「買春 = 犯罪」という認識だと思います。確かに買春行為は規制されているのですが、罰則規定がないため、犯罪にはなりません。よくニュースで話題になる犯罪は18歳未満(児童)への淫行で逮捕されているのです。逆18歳以上の男女であれば金銭取引の上で性行為を行っても合法なのです。

以下は弁護士からの回答です。

質問者:18歳以上の女性が出会い系サイト内で掲示板ではなくサイト内の個人間メッセージのやりとり後 金銭授受での性行為をした場合は違法ではあるが罰則はないのでしょうか?(後略)


弁護士:(前略)売春防止法では、売春は違法とされていますが、罰則はありません。(中略)罰則がなく、管理売春でもない以上、事情聴取も家宅捜索もないものと思料いたします。(後略)

出典:弁護士.com

つまり買春は規制されているけども、罰則がないので逮捕されないのです。なお、弁護士側の「管理買春」とは組織的な援デリ業者のような買春グループを意味しており、個人の場合はこれに当たらないので罪に問われないと解説しています。

掲示板へ「割り切り(買春)」を匂わす書き込みは逮捕されるので注意

18歳以上の男女であれば「割り切り(買春)」で罪に問われることはありません。しかし絶対にやってはいけない行為が「公衆の目に触れる場所で買春に誘うこと」で、出合い系アプリの ”掲示板” がこれにあたります。ガチで犯罪なので絶対に掲示板で募集をしてはいけません。

以下は実際に書き込んでしまった男性の相談です。

質問者:今年の一月に 10代の女の子いませんか?ゴム有り ホ別 3.5-で会えませんか?と書き込みました。その事で昨日警察の方が家に来てスマートフォンとパソコンを押収されました。書き込み自体が罪になるとの事で(その時点で初めてしりました)裁判所からの令状を持って来ましたが、身柄は拘束されませんでした。今週の土曜日に警察署へ出頭して調書の作成に来て下さい。と言われました。今現在、僕のスマートフォンやパソコンを調べているみたいです。(後略)


弁護士:インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律6条3号の誘引罪の疑いだと思います。法定刑は1回につき最高罰金100万円です。今後の流れについては、逮捕される人もいるので可能性としては最悪逮捕されることもありうるということになります。在宅の場合は、余罪についても捜査されて、数回、警察・検察に呼ばれます。逮捕されてもされなくても、数十万円の罰金になると思います。(後略)

出典:弁護士.com

正しい割り切りの募集方法は?

それでは安全に割り切りを行う方法について解説していきますね。

ルールは簡単。「話の分かる人」「大人の関係」「今から会えませんか?」など何らかのメッセージを送っている場合は99%が割り切りです。こうした募集をかけている女性に対して「会えますか?」と軽くメッセージを送れば条件が送られてきますので、交渉しましょう。

大切なのは自分から掲示板に書き込まないこと。

違法風俗の摘発などでもそうですが現場に居合わせた客は逮捕されません。唯一を上げるならば「18歳未満の児童への淫行」ですが、これは違法風俗に関係ない犯罪行為です。

割り切りは犯罪ではありませんが、ルールが曖昧なので、100%安全に楽しむためにユーザー(客)に徹することが大切です。

「割り切り募集の危険性」のまとめ

今回は、知らないでは済まされない「割り切り募集(犯罪)」について紹介していました。

他の出会い系アプリの攻略サイトを見ていると、「割り切りの募集方法」なんかを解説している輩もいて、恐ろしく感じます。僕は当ブログを開設したときに「無責任な発言はできない」ことを留意してスタートしましたが、周囲を見れば危険な解説をしているメディアもあり残念な気持ちになります。

何度も言いますが「割り切りの募集」は犯罪です。

18歳以上の男女であば「割り切り(買春)」に罰則はなく合法ですから、必ず法律を厳守した上で楽しみましょう。なお、セックスフレンドと割り切り両方が楽しめる安全な出合い系サイトを最後に紹介しておきます。

34歳まで童貞の僕が色々な出合い系アプリやマッチングアプリを使い倒し、最後に残った優良サイトをピックアップしています。田舎に住む末期童貞の僕でもセフレを作れる本当に素晴らしいツールです。騙されたと思ってぜひ5分だけ▼の記事をCHECKしてみてください!

地方の田舎でも「セフレが作れる」安心安全な出会い系サイト4選