出合い系の「割り切り」ってどんな意味?

注意
18歳以上の男女であれば金銭取引をともなう性行為(割り切り/買春)であっても犯罪性はなく罰則もありません。しかし僕が愛用する「出会い系サイト」では健全な出合いを促進するためこれを禁止しています。

当ブログではこの規約を厳守するため、割り切りを推奨しないものとすることをご理解ください。

 

割り切りとは?
割り切りは逮捕される?

出合い系サイトについて調べたり、実際に利用していると「割り切り」という言葉を多く目にするかと思います。

簡潔に「割り切り」を解説すると「金銭取引により合意の上でセックスすること」という意味であり、「買春」「援助交際」という言葉と同義のとなります。

出合い系サイトでは健全でクリーンな出合いを促進するためこういった割り切り行為を禁止していますが、実際のところ女性ユーザーの大半が割り切り、または援デリ業者というのが現実です。

割り切りの場合、気軽にセックスできることから、出合い系を利用する多くの男性ユーザーが実践しています。実は僕自身も出合い系を始めたばかりのころは普通に利用しておりました(汗)

今回はそんな「割り切り」の意味や、違法性などについても詳しくまとめてみることにしました。出合い系サイトの利用を迷っている男性にはぜひ一度目を通しておくことをお勧め致します!

「割り切り」の2つの意味とは?

既にご存じの方もいるかと思いますが、「割り切り」には2つの意味があります。それぞれ真逆の意味となりますので整理していきましょう。

①.一般的な「割り切り」の意味

一般的に「割り切った関係」というのはお互いにプライベートに踏み込まない愛のないパートナー関係を意味します。いわゆるセフレですね。

この場合は都合のよいカラダだけの関係を意味しますが、いっぽうで愛人のような形で割り切ったパートナー関係まで広く含まれます。

②.出合い系で使われる「割り切り」の意味

出合い系での「割り切り」とは完全に金銭取引での関係・・・つまり「買春」を意味します。先の愛人的な関係性の隠語として出合い系サイトを中心に広まった言葉ですね。

「割り切り」は逮捕されないの?

割り切りはわかりやすく言えば「売春」ですから反射的に「犯罪でしょ!」と思う方も多いと思いますが、実際は逮捕されませんのでご安心を。

ネットで調べてみますと「売春は立派な犯罪です!」と言い張る恋愛系の情弱ブロガーもいて驚きますが、18歳以上の男女であれば金銭の授受があったとしても法的な罰則がないので逮捕はされません。

この金銭的な取引のパートナーシップが犯罪ならば「愛人がいる男性は全員逮捕される」ということになります。成人した男女が自己責任でパートナーを選ぶことにたいしてどのように罰則をつけるのでしょうか。

これは「割り切りは逮捕されるのか?」についても解説しましたが、現役の弁護士が口をそろえて罰則がないといっていることからも明らかです。

「割り切り」においては注意が必要です

割り切りには罰則が無いと解説してきましたが、「逮捕されるケース」も存在します。ここからは割り切りで逮捕されるケースについて解説していきます。

①.児童買春

売春で逮捕される原因の多くは「児童買春(18歳未満)」です。

18歳以上の男女が金銭的な合意の上でセックスすることに関しては罰則はありません。しかし18歳未満との性行為は児童買春であり完全な犯罪です。

②.書き込み

男女が金銭取引の上でセックスすること自体には罰則がありません。しかし公衆の目にふれるような形で客引きするような場合は実際に逮捕例があるとのことです。

出合い系サイトの場合は「掲示板」に堂々と買春相手を募集する行為は犯罪性がある・・・ということになります。

実際は運営者側が随時パトロールしているため、削除などで警察にマークされることはありませんが、遊び半分でも書き込みすべきではありません。

そもそも割り切りにメリットはあるのか?

しかしなぜ多くの出合い系サイトで「割り切り」が一般化しているのでしょうか?

①.都合よくセックスできる

割り切りは近所で相手を探せるので、仕事帰りなどで気軽に楽しめます。セフレをつくるのは面倒ですが、割り切りセックスであれば出張先でも気軽に楽しめるのが最大のメリットですね。

②.若い女の子ともセックスできる

出合い系にて割り切りをする女の子は簡単に言えば「風俗は嫌だけどカラダで手軽にお金を稼ぎたい」ということです。そのため若い女から熟女まで幅広い女性が参加しています。

ぶったちゃけ風俗よりも手軽にセックスできて、しかも年齢も自分の好みで選べる・・・というのが多くの男性ユーザーに利用される理由でしょう。

割り切りのデメリットは?

気軽にセックスできる!ということからメリットばかりが先行してしまいそうですが、デメリットもあります。

①.会うまでわからない

これは出合い系サイトを利用する上で避けられませんが、実際に会うまでどんな相手かわかりません。当然アナタの好みではない場合も多いでしょう(汗)

でも僕のケースで言えば、ビックリするぐらいの可愛い女の子もいますので・・・出合い系サイトでは出合いのドキドキを楽しむことも醍醐味なのかなと思いますが。

②.援デリ業者の可能性もある

一番注意しなければならないのは一般女性を装った「援デリ業者」ですね。彼女たちは客がいないデリヘル嬢のようなもので、ブスも多いです。

そもそもこういった組織的な売春は犯罪行為であり、半グレ組織が運営しているので、普通に考えて怖いですよね。実際に犯罪に巻き込まれることはありませんが、援デリ業者だけは避けたいところです。

ちなみに援デリ業者は出合い系サイトを始めたばかりの人をターゲットにしているため、ポイントを押さえておけば簡単に見極められます。

「割り切りの意味」についてのまとめ

今回は出合い系でよく見る「割り切り」の意味についてまとめてみました。

実際に出合い系サイトを利用してみますと、普通の恋愛を求めている女性よりも「割り切り」を求めている女の子が多いことに驚きます。

僕が住んでいる田舎の場合は一般女性の割合は10%程度で残りの90%は割り切り希望という状況です。出合い系サイト側もこうしたユーザーを全て削除した場合は登録者が激減してしまうため、黙認している・・・というのが実際のところなのではないでしょうか。

この記事では「割り切り」について解説してきましたが、多くの出合い系サイトではこのような「割り切り」を禁止行為として定めています。

その為、当ブログでも基本的に割り切りではなく、「セフレ」を作ることを推奨しています。セフレの作り方や正しい出合い系サイト選びに関しては「安全な出合い系サイト」にてまとめていますので是非ご確認ください。

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました!またお会いしましょう!